Pocket

今回は京阪杯2017の予想オッズから有力馬分析の予想を中心とした記事をかいていきたいと思います。

まず京阪杯の過去のデータから、簡単に紹介したいと思います。

過去データからみて、京都1200のレースは圧倒的に内枠有利のレースとなります。

脚質は逃げ、先行馬が好成績。

過去10年の京阪杯にレースで2桁人気馬が7頭も馬券の対象となっているので、前2年はそこまで荒れてはいないが、波乱があってもおかしくないので、

これらのデータも考慮して本題にはいりたいと思います。

京阪杯2017有力馬分析

まずは現段階の予想オッズから紹介していきます。

ソルヴェイグ     2.3  川田

アットザシーサイド  5.3   四位

セイウンコウセイ   6.3 松田

ジューヌエコール   8.2  北村友

メラグラーナ     8.3  シュタルケ

ヒルノデイバロー   11.0  吉川

フィドューシア   13.1  三浦

ここまでが現段階で上位人気される馬となります

現段階ではソルヴェイグが抜けたオッズとなりましたが、2番人気以降からオッズが割れてきていますね。

過去のデータでもお話したように、このレースは2桁人気の馬もからんでくるのが多いレースでもあるので、

もしかしたら、大波乱だってあるかもしれない、、、

今回は穴馬からはいりたいと思っています。

それではまずは上位有力馬から分析していきたいと思います

 

ソルヴェイグ

前走同舞台でみごとに勝利した馬である。

ヴィクトリアマイルでも5着と、入ってきているし、今回の馬の中では能力は上位。

今のところ普通に走れば勝ち負けだと思う1頭である。

 

アットザシーサイド

ここ2戦1200を連勝ときている馬である。

前走は相手があまり強くないこともあって圧倒的な支持をうけてみごとに勝ちきった。

今回は前走よりも楽な競馬はできないが、当然きてもおかしくない1頭である

 

セイウンコウセイ

この馬に関しては本当に難しい1頭である、、、、

ここ2走の走りは、どうもきになってしまう。

高松宮記念で、馬の能力があることは確かだが、ここ最近の走りをみていると、どうしても強く押したいとは思えないし、

今回ももちろん馬の能力はあるので、馬券にからんでくる可能性はもちろんあるが、今現時点では、不安に思うことが、大きいので、

現時点ではおもいきって消そうと考えている。

 

ジューヌエコール

この馬に関しては、1200がベストなので距離短縮はプラス材料。

だが前走あれだけの大敗をして人気はあまりしないと思ってたが、以外にも現段階で4番人気とは、、

京都は去年のデイリー杯でも好走でぃているし、舞台設定じたいは問題ないと思われる。

馬場なども関係してくると思うが、内枠に入ったら重要視したい1頭である。

 

メラグラーナ

この馬に関しては枠というより、展開が味方してくれないと辛い部分がでてくる。

やはり、逃げ、先行馬が圧倒的有利になるレースなので、シュタルケ騎手が見事な騎乗がないと、頭は考えずらい1頭である。

あとは枠順、馬場状況をみて決めたい1頭です。 今のところは軽視するつもりです

 

ヒルノデイバロー

ここ最近の走りをみてもキーランドカップ以外安定した競馬が競馬ができている

前走の走りをみても強い競馬だったので、馬の能力はあるとみている。

ここでも前目につけた競馬ができれば、いい結果がでてくるとみている。

おもおしろい1頭。

以上が上位人気馬の分析になります。

正直抜けた馬もいないし、枠によっては全然下位人気馬が馬券内にはいってきてもおかしくないと思います。

もちろん今回は荒れ予想で的中より回収重視の馬券をくんでいきたいと思っています!

最後に1頭現時点1番狙ってみたい大穴馬をランキングで紹介したいと思います
人気ブログランキングへ

前走は大外回されながらも5着と健闘した

展開さえむけば、馬券内に入ることは十分可能だとみているし、最近好騎乗する、この騎手ならうまくのってくれそう。

一発狙ってみたい1頭です。

 

 

スポンサーリンク