Pocket

今回は中山金杯&京都金杯2018の最終評価印紹介を中心とした記事になります。

枠順も確定し、明日2018年1発目の重賞レースがおこなわれますね!!

2018年いい流れをもっていくためにも当てたいところです。

今回も最終評価印を紹介いたしますので少しでも参考にしていただければ嬉しい限りです!!

それではまず中山金杯の最終評価をしていきたいと思います。

中山金杯2018最終評価

まずは最終評価印の紹介の前に有力馬の枠から紹介していきます。

1枠1番  ウインブライト

3枠6番  セダブリランテス

4枠7番  ブラックバゴ

5枠9番  ダイワキャグニー

8枠17番  カデナ

この枠で絶好枠に入ったのはウインブライトになってきます。 必ず内がほしかったこの馬にとっては絶好枠になりました。

この枠からだったら自分の理想のポジションで競馬できるだろうし、もちろん軽視はできない存在になりましたね。

ダイワキャグニーはもっと内枠だったらよかったのですが、まだ範囲内の枠。 セダブリランテスもいい枠をとれたとみていいだろう。

この枠からなら、十分いいポジションで競馬ができる。  ブラックバゴに関してもこの枠からなら内で足を溜める競馬ができるだろう。

カデナに関しては正直おもしろい1頭だと思っています。

今回有力馬も前目につけてくる馬も多いので前がやりあってくれれば十分可能性は出てくる。 今回外枠を引いた事でかなり人気も落としてくるだろうし、抑えても損はないとみている。

 

今回は前回の記事で書いた過去のデータも重要視して、枠順、最終追い切りの評価から決めました!!

 

最終評価印

 

◎ ダイワキャグニー

 

今回はこの馬から入っていきたいと思います!!  もう少し内枠ならもっとよかったのですが、追い切りをみていても状態はよさそうなので

馬券内は1番可能性がある馬だとみている。

 

○ ウインブライト

今回は外枠だった場合は軽視の考えでしたが、絶好枠をひいたこの馬! この枠だったらロスなく立ち回れるし今回この枠なら前走のように前目につけて競馬を

してくるはずなのでチャンスは十分にあるだろう。

 

人気ブログランキングへ

今回これだけ人気を落とすならこの馬をこの評価でいきたいと思う。 正直最近の走りをみても力は発揮できていないが、この馬は内に入るより、

スムーズに競馬ができる方がいい。 この枠で人気を落とすし、買うなら今回と思っている。

 

☆ セダブリランテス

今回の1番人気の馬になってくるが、もちろん今回の馬の中でも力は十分にある。 ただ、過去からみても荒れる傾向にあるこのレースでこの馬からは

やはり入りずらい。 今回のメンバーからして抜けている1頭だとは思えないし、配当面からしてもこの評価でいきたい。

 

△ トーセンマタコイヤ

この馬も1週間前から注目していた1頭。 内枠に入ることができればおもしろい1頭だと思っていたし、今回見事に内枠に入ることができ爆穴として期待したい1頭。

 

× 5.7.11

 

今回は荒れ期待も予想してこの評価でいきたいと思います!!

馬券的には軸からの馬連、3連複を中心にかっていく予定です。 あとはワイドも1点勝負しようと思っております!

 

京都金杯2018最終評価

こちらもまずは有力馬の枠順から紹介していきます。

2枠2番  ラビットラン

5枠7番  レッドアンシェル

6枠9番  ブラックムーン

7枠11番  キョウヘイ

8枠13番 クルーガー

以上が今回の有力馬の枠順になってきますが、絶好枠をひいたのがラビットランになってきます。

過去データでも紹介したように、この時期の内枠は有利になってきますし、データでも内枠が好成績を残しております。

逆に1番不利になってしまったのがクルーガーですね、、、  正直内枠に入ったら軸にまで考えた馬だったのですが、外枠はマイナスになってしまいます。

レッドアンシェルはこの枠からでも問題はないでしょうし、ブラックムーンも問題はないとみています。

キョウヘイはできれば内だったらよかったのですが、この枠だと少し評価を下げなくてはなりません。

 

最終評価印

人気ブログランキングへ

今回は思い切ってこの馬から入っていきたいと思います!!  もちろんチャンスは十分にあると思うしこの枠からでも自分のポジションで競馬ができるだろう。

追い切りをみても状態よさそうだし、不安が残る有力馬を軸にするぐらいなら思い切ってこの馬から入りたい!!

 

○ レッドアンシェル

この馬の力は今回のメンバーからしても上位になってくるし、不安材料が少ない馬。 人気な馬になってはくるが有力馬の中では不安材料が少ないのでこの評価でいきたい。

 

▲ ラビットラン

今回絶好枠をひいたこの馬! ただ、最近のローテーションをみても無茶苦茶だし、今回和田騎手から乗り替わりなのもマイナスになってきてしまう。

ここ最近の使い詰めをみても信用はしづらいので今回はこの評価でいきたい。

 

☆ クルーガー

今回大外にはいったことでこの評価でいきたい。 ただ馬の能力自体は認めているので、あとは浜中騎手が完璧な騎乗ができれば十分頭だって狙える1頭。

 

× 4.5.10.11.12

 

京都金杯はこの評価でいきたいと思います!!  京都に関しては軸がきた瞬間3連複でも配当は見込めるので、抑えは広めに抑えております!!

 

てこ自身今回は荒れ重視の馬券を組み立てております!

難しいレースになってきそうですがどちらか結果を残しいいスタートを切りたいところです!

 

スポンサーリンク