Pocket

今回ジャパンカップ2017の現段階の有力馬&注目馬を中心とした記事をかきたいと思います。

やはり、みなさんの注目馬のキタサンブラックが気になる1頭ですよね!

はたして、キタサンがジャパンカップ連覇となるのか、もしかしたら、ほかの馬がキタサンブラックを負かすことができるのか注目して、現段階の有力馬分析していきたいと思います!

その前に実はわたくし毎年この季節の変わり目になると必ずといっていいほど風邪をひくんですよね、、、

ハイ!!今年も案の定風邪をひきました、、、ww  てこの地元ではもうこの時期になると朝には霜まで降りてきてるぐらい寒いんです。

だからみなさんも経験あると思いますが、朝布団からでられない!!  仕事に行くのが辛い時期になってきました、、ww

もちろん仕事はいきますけど!!

みなさんも本当に寒くなってきて、体調崩しやすい時期になってきましたので、風邪をひいた僕が言うのもなんですが、十分体調管理には気を付けてくださいね!

それでは本題にいきたいと思います。

ジャパンカップ2017有力馬分析

まずは現段階の予想オッズから紹介していきたいと思います

キタサンブラック  2.2    武豊

レイデオロ     3.8   ルメール

サトノクラウン   4.5  M.デムーロ

ソウルスターリング 15.7  C.デムーロ

マカヒキ      16.3    内田

シュヴァルグラン  26.1    ボウマン

アイダホ      36.1    ムーア

やはりキタサンブラックが抜けた1番人気になっていきそうですね。

これで内枠に入ったら単勝オッズ1倍台にもなりそうです

レイデオロとサトノクラウンに関してはどちらが2番人気になってもおかしくないですよね。

個人的にはキタサン以降の馬に関してはどの馬のチャンスがあると思っています。

それでは予想オッズから上位人気馬分析をしていきたいと思います。

 

キタサンブッラク

何度も言いますが、この馬はみな思っているように強い!!!

日本で現段階1番強い馬だと思います。

この馬に関しては、距離も問題ないし、去年のジャパンカップでも勝っているのでコース適正も問題ない

唯一の不安材料とすれば、前走の疲れ、あとは、この馬の勝ちたいレースは間違いなく有馬記念のはずなので、どこまでの馬を仕上げてくるか

最終追い切りをみて決めたい。 だけどもこの馬に関しては、ひねくれものの「てこ」は軸にするつもりはありません!

もちろんしっかりあてにいきますので!w

 

レイデオロ

前走の走りは、叩きの1戦だったが強い内容だった。

レイデオロは陣営もいっていたように、このレースを目標にしていたので、ベストな状態でだしてくるだろう。

正直ダービーの時はルメールの好騎乗もあっての1着だったが、今はダービーの時より着実に力をつけている1頭である。

この斤量で、枠もいい枠をとれれば、鞍上のルメール騎手も間違いなくキタサンを意識した騎乗はするはずなので、キタサンを倒す1頭になると思う

 

サトノクラウン

この最近の2戦は馬場も味方して、好成績を残している1頭である。

この馬に関しては、悩ましい1頭である、、、

もちろんタフな馬場になれば注目しないといけない1頭であるが、良馬場だったこの馬より狙いたい馬がでてくるので、

追い切りを見る限り前走と同じような状態で、でてこれそうなので土曜日の馬場状況など確認して決めたい1頭である。

 

ソウルスターリング

前走は天皇賞を目標に仕上げられた馬であったが、馬場が全く合いませんでしたね、、、

前走に関しては、軽視していい1戦ではあったが、今回のメンバーにはたしてどこまで食らいついていくか、、、

良馬場なら抑えぐらいでしか今のところ考えてない1頭である

 

マカヒキ

この馬は凱旋門賞にでてから、いい結果がでていない1頭である。

ただ最近の競馬を見ていると少しずつ回復してきているのかなと思うような競馬をしてきている。

この馬に関しては良馬場の方が合うと思うので、馬場状況によっては狙ってみたい1頭ではあります。

 

最後になりますがこの今回メンバーの中から狙ってみたい穴馬をランキングで紹介したいと思います

人気ブログランキングへ

この馬に関しては前走の結果をしても力は足りているとみている。

前走の疲れもあまり感じさせない追い切りもしていたし、3着以内にはいることは十分可能だとみている

今のところ注目したい1頭!!!

スポンサーリンク